グルメ 和食

福島「天ぷら うらかみ」は肩肘張らずに絶品天ぷらが味わえる隠れ家名店

嫁の誕生日に福島にある「天ぷら うらかみ」に行ってきました。

誕生日ディナーというと、イタリアン、フレンチが定番ですが、さすがに回を重ねてくるとネタ切れしてきます。

誕生日ディナーに和食もいいじゃないか、ということで天ぷらです。

ABCの新社屋すぐ北にひっそりと佇んでいます。

思ったより高級感がありましたが、味のあるお母さんが出迎えてくれてほっとします。

「ザ・リッツカールトン大阪」にて天ぷら修行

店内はカウンターを中心に4人掛けのテーブルが2セットありました。

場所柄、テレビ業界関係者が多いんだろうな。

この日もそんな人がチラリ。

皆さんお金持ちそうな雰囲気出てました。

ここの店主はザ・リッツカールトン大阪「日本料理 花筐」にて天ぷらシェフの経験を経て独立したそうです。

オープンが2016年頃らしくまだ新しいお店です。

あまり知られていないことも含めて隠れ家的な雰囲気も魅力です。

座るなら圧倒的にカウンターがオススメです。

新鮮な素材と店主の手さばきを間近で見れます。

こちらが本日の食材。

これを準備しているのを見るだけでも楽しいです。

とっても新鮮な食材で期待感満載です。

では、いよいよコーススタートです。

前座がすでにかなり美味

先付はタコと里芋の煮つけ、蟹のジュレ的なやつ。

素材がとても新鮮でタコと蟹の旨味がダイレクトにきます。

どちらも味浸み込み系でビールに合い過ぎます。

続いてお造りはシマアジとヨコワです。

ヨコワって久々に食べたよ。

とってもプリプリで美味しいに決まっています。

そして当たり前ですが、こういうお店のわさびって全然ツーンとこないですね。

この時点でかなり美味しさ満足度が高いですが、ここからが本番。

天ぷらの登場です。

プリ・サクが違う天ぷらたち

まずは王道の「海老」

しそ巻きもありました。

何が違うって、素材のプリ感と衣のサク感です。

噛んだら海老の弾力で少し戻されてる感じでした。

そして、衣がサクッとするだけでこんなにも美味しく感じるのですね。

口当たりは軽めで何個でもいけるとはこのことです。

ちなみに天ぷらには3種の塩があります。

・イタリア
・沖縄
・淡路島

詳しい説明は忘れちゃいましたが、お好みでどうぞ。

あとサラダもつきます。

これも地味に美味しい。

天ぷらが続きます。

「キス」

ふわふわ最高です。

「アスパラ」

え、アスパラってこんなに美味しかったっけ?

ここでちょっと箸休めの一品が。

アワビとウニです。

豪華すぎます。

そしてこれが美味しくなかったらおかし過ぎます。

アワビのちょっと濃い味にウニの甘さが優しく包み込んでる感じ。

これが箸休めって、、、最高かよ。

そして、このソースちょっと残すように言われます。

というのも、、、

このホタテ天ぷらに付けて食べるためです!

ただでさえホタテ好きの僕にとって、昇天寸前まで来た大ヒット作品になりました。

「しいたけ」

ジューシー。

「金目鯛」

あ、甘い。

「穴子」

こちらもサクフワ。

「海老の足」

カリカリでお酒のアテに。

ここで天ぷらのコースは終了だったのですが、目の前にたまたま置かれていた「白子」が気になり過ぎて追加オーダー。

これがマジとろけた。

噛んだ瞬間、ジュワっと白子の旨味と甘みが広がって最高でした。

値段も最高でしたが、、、後悔は無い!

〆は3種類からチョイス

最後の〆は天丼、混ぜご飯、お茶漬けの3種類からセレクト。

僕はお茶付け。

この海老、お茶漬けに入ってるかき揚げレベルの海老じゃなく、単体でも勝負できるプリ海老でした。

素材の味がお茶出しにも浸み込んでるから、そりゃ美味いよね。

嫁は混ぜご飯。

これはとにかくかき込み系です。

お腹はそれなりにいっぱいでしたが、美味しいものは入るものですね。

ということで、コース終了です。

最初から最後までクオリティがすべて高かったです。

お店の雰囲気も高級感ありながら肩肘張らない感じで、記念日や接待などちょっと特別な日でも気軽に利用できそうです。

食べログの点数がもうちょっと高くても良いくらいですが、まだ新しいお店なのでこれから伸びていくこと間違いないでしょう。

リピート確定ですね。

店舗情報

店名:天ぷら うらかみ
住所:大阪市福島区福島1-2-4 YATARYUビル1F
アクセス:JR環状線「福島駅」徒歩約10分、JR東西線「新福島駅」徒歩約5分
平均予算:12,000円
星評価:
食べログhttps://tabelog.com/osaka/A2701/A270108/27091485/
一休https://restaurant.ikyu.com/106953/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-グルメ, 和食
-

Copyright© Endless Journey , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.