”茶屋町あるこ”の大人気イタリアン「タケウチ」はミシュラン掲載の実力派

梅田の茶屋町が熱いです。

元々は古本屋など老舗店舗が並んでた風景が、今や大人気グルメが集結するエリアへと変貌を遂げています。

その中でも人気のイタリアン「トレーロ タケウチ」へお邪魔しました。

タケウチというと、福島でイタリアンを3店舗運営しており、2019年にはビブグルマンも受賞するなど、実力派イタリアンです。

スポンサードリンク

見た目以上に旨味が強い前菜盛り合わせ

店内は高架下ということもあって、こじんまりとしてます。

席数は38席で、内訳はテーブル26席、カウンター12席。

客層は20,30代女子2人が圧倒的に多く、あとはカップル。

雰囲気もあるので、駅近イタリアンならここを選んで間違いはないよね。

メニューはこちら。

ちなみにTorero(トレーロ)とは闘牛士の意味で、美味しいお肉が味わえるお店としても評判です。

それがランチメニューにも反映されています。

パスタランチ以外にもハンバーグ、ローストビーフから選べます。

この日は初めてだったので、パスタランチをオーダー。

パスタはこの2種。

ドリンクは150円でセットにできます。

まずは前菜盛り合わせ。

見た目はたいしたことないですが、食べてみるとさすが実力派。

どれも旨味が強くてしっかり下ごしらえしてるのが良く分かります。

ソースクオリティが違う実力派パスタ

続いてパスタ。

ホタルイカと春キャベツのオイルソースです。

ホタルイカのエキスが絶妙にオイルと融合していました。

特にホタルイカと一緒に食べた時にイカからジュワっとエキスが出てくるのが個人的にヒットでした。

そして、1人前にしては結構ボリュームあったかな。

嫁が食べた自家製ソーセージと香味野菜のトマトソース、レモンの香りで。

これはベースのソーセージとトマトソースが美味しいことはもちろん、野菜の香味とレモンが違いを出していました。

全体的にカフェとかで食べるパスタとはやっぱりクオリティが違います。

素材だけでは誤魔化せないソースの実力の違いが出ています。

この味を駅すぐの便利な立地で味わえるのは有難いですね。

値段もパスタランチ1,200円(税抜)はこのエリアにしては高くないです。

次は自慢のお肉ランチも味わってみたいところです。

そして当然ながらお酒も充実しているので、少人数なら夜もいいですね。

[st-mybox title=”店舗情報” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

店名:トレーロ タケウチ (TORERO TAKEUCHI)
住所:大阪市北区芝田1-6-2 茶屋町あるこ
アクセス:阪急「梅田」駅徒歩1分
平均予算:1,500円
星評価:[star4] 食べログhttps://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27110277/

[/st-mybox]

梅田のイタリアンならココもオススメ

[st-card id=15583 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”] [st-card id=11749 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]
最新情報をチェック!
>タビプレッソ(Tabi=Espresso)

タビプレッソ(Tabi=Espresso)

旅には凝縮された体験が詰まっている。それはまるでエスプレッソのようにギュッとうま味が凝縮された体験である。平凡な日常が、旅というエスプレッソを通して刺激的な毎日になりますように。