淡路島「そらをみるパン」併設の小空カフェ「kuruma」でパン食べ放題ランチ

週末の食べ歩きシリーズ。

今日は淡路島のパン食べ放題カフェまで遠征してきました。

パンの店名が「そらをみるパン」

これだけでパン好きにとっては気になるらしいです。

また、パン屋さんに併設された「小空カフェ kuruma」があり、そこでパン食べ放題ランチをやっています。

スポンサードリンク

キューブパンと玉ねぎカレーパンが名物

お店に入ると手間にパン屋、奥にカフェです。

カフェは予約できますが、人気のため11時30分からのみ受け付けているようです。

パンはこんな感じのラインナップでした。

名物はこちらのキューブ型のパン。

あと、淡路島なのでこんなパンも。

味は全体的には美味しかったですが、正直に言うと何かインパクトがあったわけではなく、普通に美味しかったです。

近所にあれば日常的に買いにいくパン屋さんかな。

奥の「小空カフェ kuruma」

キッズスペースもあり、子供連れのファミリーの来店にも最適です。

パン食べ放題のクオリティが高いスープパスタランチ

ランチメニューはスープパスタ系が中心。

パン食べ放題(90分)とサラダ、デザート、ドリンクが付いて1,700円前後でした。

淡路島にしてはちょっと高めですが、ご飯食べてお茶したらこれくらいいくので、まぁこんなもんでしょうか。

パン食べ放題は好きなパンをとって自分で温めます。

プレーン系から惣菜系、甘い系まで幅広くあります。

このパンが思ったより美味しく、別途買ったパンより印象に残っています。

よく都心のカフェにあるランチのパンはシンプル過ぎて特別に美味しいことはないと思いますが、ここのパンは食べ放題にしてはそれぞれのクオリティが高かったです。

特に、お皿の一番左にある「明太ポテト」がめちゃ旨でした。

じゃこの梅風味パスタ。

思ったよりスープが多く、もっとオイル系のパスタをイメージしてました。

味はまぁ、想像通りでしたがその辺のパスタ屋さんやチェーン店よりかは美味しかったです。

コーヒーとデザートで〆です。

この頃にはパンを食べ過ぎてお腹いっぱい。
ボリューム的には大満足でしょう。

値段は1,700円で最初は高いと思ったけど、食べ終わってみればコスパは悪くないかも。

どれも一定以上美味しかったし、パン食べ放題で席も割とゆったり座れます。

近所の主婦たちが行きつけにしてる感じでした。

機会があればまた立ち寄ると思います。

淡路島観光や、四国に行く際にランチに寄ってみてはいかがでしょうか。

店名:そらをみるパン 併設「小空カフェ kuruma」
住所:兵庫県淡路市久留麻185
アクセス:東浦ICより約20分
平均予算:1700円
評価: 4

食べログhttps://tabelog.com/hyogo/A2806/A280601/28054441/

パン食べ放題ランチならこちらのお店もオススメ

[st-card id=11749 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]
最新情報をチェック!
>タビプレッソ(Tabi=Espresso)

タビプレッソ(Tabi=Espresso)

旅には凝縮された体験が詰まっている。それはまるでエスプレッソのようにギュッとうま味が凝縮された体験である。平凡な日常が、旅というエスプレッソを通して刺激的な毎日になりますように。