いきなり出鼻をくじかれた!ITM-SINタッチ出発カウンターでまさかの展開@SFC修行①

SINタッチから帰ってまいりました。

まさかこの日が来るとは2ヶ月前は想像もつきませんでした。

決断の時と今回のシュミレーションはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

今年も7月下旬で半分以上過ぎてますが、このタイミングでSFC修行を決断しました! そして、プレエコ予約変更不可のSINタッチも予約してしまったので、もう引き返せません。 陸マイラーとして本格的にマイルを溜め始めたのは2016[…]

関連記事

いよいよ今週末に迫ったSFC修行のSINタッチ。 同時に初めての一人海外でもありドキドキしておりますが、なんといってもシンガポール滞在約7時間というド変態日程なのです。 しかも、入国せず帰国するこ予定で、シンガポール滞在[…]

シュミレーションしていた通りにほとんどならず!
色々と想定外のことが起こり、思ったより大変でした。

でも、それが修行ですからね。

出発は伊丹空港からです。

お盆日程の最終土曜日ということもあり、家族連れと甲子園観戦組がとても多く賑わっていました。

ちなみに伊丹空港は4月から大リニューアルをしてかなり綺麗になってますよ。

昔の伊丹を知ってる人は「これ、どこの空港?」っていうくらい違う空港に来ているみたいです。
時間のある人は是非空港内を探検することをオススメします。

スポンサードリンク

ANAカウンターにて帰りの搭乗券を発券する

さて、いきなり第一関門です。
シンガポールに着いてからすぐラウンジを利用するために、帰りのチケットを伊丹空港で発券します。

1Fの国際線乗り継ぎカウンターで手続きです。

ピコ丸
ここで帰りのチケットを発券頂くことはできますか?
お姉さん
お帰りのチケットですか?
お姉さん
こちらでは行きのチケットのみの発券となります。
ピコ丸
え?知り合いが発券可能だったのですが、、、本当に無理なのですか?
お姉さん
こちらは国内線カウンターでの手続きになりますので、対応が出来かねます。
ピコ丸
てことは、成田では可能ですか?
お姉さん
何とも申し上げられません。一度成田のカウンターでお問い合わせください。

ええええええ!!!ダメじゃん!!!

まさかのいきなり撃沈です。

そういえば、発券できた人のブログは成田だった、、、。
国際線カウンターでしか発券できない仕組みかもしれない。

ということで、とりあえず行きのチケットだけ発券してもらいました。

いきなり想定外の展開となってしまいましたが、焦っても仕方がないので成田で再チャレンジです。

搭乗まで時間があったので、ANAラウンジへ。
平民ですが、出張での搭乗で「国内線ANAラウンジ招待キャンペーン」の対象になっていたのです。

SFC会員になった後の聖域へ。

あまりパシャパシャ写真を撮るのも初心者丸出しなので(超初心者ですが)、いつものような素振りを見せつつ(誰も見てない)オレンジジュースでほっと一息。

波乱の幕開けです。
それでは1レグ目、伊丹ー成田へ出発です!!

ANAカウンタースタッフ総出であわや乗り遅れる

成田に着きました。
何気にかなり久しぶりですが、成田での国際線への乗り継ぎはとてもスムーズ。

専用ルートなのであまり混んでないし、成田に着いてから手荷物検査→出国審査が10分くらいで終わりました。

ANAラウンジでカレーとシャワーを堪能したいのをグッとこらえて、帰りのチケット発券のためにANAラウンジ下にあるANAカウンターヘ。

この時点で時刻は16:00。出発は17:00です。

ピコ丸
帰りのチケットを発券頂くことはできますか?
お姉さん
帰りのチケットを発券頂くことはできますか?

はい、そうですよ。今の間は絶対「何だこの変な日程は?まさか噂の修行僧?キモい」って思ったに違いない。

という被害妄想を挟みつつ、

ピコ丸
はい、そうです
お姉さん
お客様、チケットの発券は現地にて当日のみ承っております。
ピコ丸
あの、、、成田で帰りのチケットを発券できた知り合いがいるのですが。
お姉さん
かしこまりました。少々お待ちください

どこかに電話し始めたお姉さん。

そして、システムをカチカチ。

お姉さん
お客様、帰りの成田ー伊丹は発券されたのですが、やはりシンガポールー成田は、、、

もうここまで来たらどうしようもありません。

搭乗時間も迫っているので諦めました。

ピコ丸
そうですか、分かりました。
ピコ丸
逆にややこしいこと言ってすみません。

ここでこのお姉さん、この成田ー伊丹のチケットどうしたらいいんだ?と他のスタッフに尋ねると

「シンガポールー成田と連動したチケットだから、一旦キャンセルしたら?」

みたいな会話をしていました。

お姉さんが再びカチカチした瞬間。

お姉さん
あ!

明らかにやってしまった空気です。

言わなかったですが、どうやら成田→シンガポール間も連動してキャンセルになってしまい、チェックイン締め切り時間が過ぎて再登録ができない状況になっていました。

すでに時間は16:30。

搭乗開始が16:20だったので、乗客は機内へ。

他のANAスタッフもこれはヤバいぞという空気になり、その場にいたカウンタースタッフ総出で対応頂きました。

何度も各所へお電話して頂き、イレギュラー対応の手続きをとってもらいました。

先ほどの「キャンセルしたら?」と言ったスタッフがそのお姉さんに「ゴメンゴメン」とずっと謝っていて、

こっちこそ、こんな修行僧のために迷惑かけてすみません!

なんとか手続きが完了したのが16:45。
この便はしかもバスで沖止め。

搭乗ゲートのスタッフがカウンターまで迎えに来てくれてダッシュで乗り込みました。
飛行機に乗り込んだのは出発の8分前。ギリギリもいいところです。

結局、帰りのチケットが無いどころか、成田ANAラウンジも使えず、おまけに忙しいANAスタッフに45分近くご迷惑おかけするという大失態。

一体、この先どうなるよ。

関連記事

ITM-SINタッチのセカンドレグ。 成田(17:00)ーシンガポール(23:15) 機体はボーイング787-9です。 出発8分前に機内へ入るというゴタゴタの中、なんとか自分の席へ。 プレミアムエコノミーの最前列通路[…]

最新情報をチェック!
>タビプレッソ(Tabi=Espresso)

タビプレッソ(Tabi=Espresso)

旅には凝縮された体験が詰まっている。それはまるでエスプレッソのようにギュッとうま味が凝縮された体験である。平凡な日常が、旅というエスプレッソを通して刺激的な毎日になりますように。