スープが黒い?富山名物ブラックラーメン「西町大喜」がめちゃくちゃ濃かった件

富山出張にやってきました。

出張の醍醐味と言えばご当地グルメ。

ということで、富山名物を調べてみると、白エビとブラックラーメンがヒットしました。

この日はとっても寒い日だったので、ブラックラーメンをチョイス。
スープが黒いってどういうこと?

あえて下調べせずに、グルメサイトのおすすめラーメンになってた「西町大喜」へ。

スポンサードリンク

創業昭和22年の元祖ブラックラーメン店

月曜日の閉店間際に行ったからなのか、店内はガラガラ。

カウンター席が中心で、テーブル席も少しだけありました。

メニューはこちら。

ブラックラーメンは量を選ぶだけです。

中華そば=ブラックラーメン

です。

小(並)ってややこしいなぁ。

並でええやん。

並の中華そばとライス(小)をオーダー。

待ってる間に店内のリーフレットを見てましたが、このお店の創業は昭和22年。

終戦後の富山県民の胃袋を満たし続けてきたラーメン。

元々はガテン系労働者のために濃い味付けにして、チャーシューのたっぷり入った中華そばになったようです。

祭りの時には千人の行列も作ったことがあるとか。

半世紀以上も歴史があるのですね。

濃い=美味しいなのか?

来ましたブラックラーメン。

さっそく醤油の濃くしたようなスープの香りが広がりました。

実際飲んでみても同じ印象で、とにかく濃い!!

ライスをオーダーする人が多いようですが、気持ちはわかります。

むしろ白飯が休憩になります。

麺は普通サイズの若干ちぢれ系。
メンマとチャーシューがゴロゴロ入ってます。

たしかに美味しいし、ご飯が進むのですが、冷静になってみるとやっぱり濃すぎるよ、、、。

寒いエリアだから?

関西人は薄味に慣れてる影響なのか、個人的にはここまで濃い味は求めません。

関西人なら天下一品の濃いラーメンを思い出すかもしれませんが、あれともちょっと違って、ただただ醤油ラーメンを濃くした印象を受けました。

うーん、出張記念に食べたことは後悔してませんが、日本海側はやっぱ海鮮料理が一番だね。

店名:西町大喜 富山駅前店
住所: 富山県富山市新富町1丁目13-8
アクセス:各線「富山」駅徒歩3分
平均予算:900円
評価: 2
食べログ:https://tabelog.com/toyama/A1601/A160101/16000522/

スポンサードリンク
最新情報をチェック!