「I’m in a NewYork」人が幸せになれる空気があるニューヨークの魅力

この年末にニューヨークに行くことに決めちゃいました。

12月26日より6日間、現地3日間の短期間ですが、世界の大都市ニューヨークに行ってきます。

なぜニューヨークなのか?

それは、その場所に行った誰もが口にする「幸せな空気感」です。

スポンサードリンク

私がニューヨークへ行く理由

ニューヨークにはたくさんの魅力的な観光スポットがあります。

・ブロードウェイで本場のミュージカルを見る
・エンパイアステートビルからの夜景を見る
・グラウンドゼロへ行く

などなど、具体的な行きたい場所はあるものの、きっかけはそこだけではありません。

それは、ニューヨークに行った誰もが口にする

歩くだけで楽しい空気感がある
人がみんな幸せそうな表情をしてる

という幸せ・楽しいオーラを感じていたからです。

どの観光地が良かったよりも、そのことを楽しかった理由にしていたのが、とても印象的でした。

ある少女がニューヨークで出会った光景

ある少女がニューヨークに初めて行った時のことです。

道端にある、憧れのベーグル屋さんで楽しそうにベーグルを食べようとしました。

すると、隣にいたおじさんが、

「なんでそんなに笑顔なの?」

と聞きました。

少女は

「I’m in a NewYork」と答えました。

その瞬間、おじさんがニコリと笑顔になり、手を天に向けて広げ、

「Welcom to New York!!」

と叫んだのです。

すると、周りにいた人たちが連動するように

「Welcom to New York!!」「Welcom to New York!!」と叫んだのです。

なんて光景なんでしょうか。
こんなこと日本ではありません。

この話を聞いた時、次の行先が決まりました。

人々が自然と幸せになれるような空気を持っているニューヨーク。
たしかめてきます。

そして、自分もそんな光景に出会いたい。

関連記事

どこか遠くへ行きたい。 日本から離れて気分転換したい。 遠くへ行くならどこか? 世界の中心のニューヨークでしょ! 一度は行ってみたかった場所。 いつか行こうではなく、今行こう!ということで旅立ってきました。 スーツケース[…]

スポンサードリンク
最新情報をチェック!