可愛いがいっぱい!芦屋「まめ桜」15種類の彩りおばんざいランチ

女子なら「可愛い!」を連発しそうなランチに行ってきました。

芦屋の和食「まめ桜」のおばんざいランチ。

可愛い豆皿に15種類ものおばんざいが盛り付けられ、彩りたっぷりでワクワクします。

ランチは11:00~と12:45~の入れ替え制の予約でほぼ埋まってますので、予約必須の人気店です。

スポンサーリンク

15種類の彩りおばんざいランチ

メニューはこちら。

「日々彩菜ごはん」と名付けられたランチは15種類のおばんざいとお味噌汁、二種類のご飯、最後にお茶とぜんざいが付いて1,500円です。

このメニュー表だけ見ると、まるでコース料理みたいですね。

感染対策のアクリルにメニューが貼っているのが地味に良いなぁと。

ネガティブなコロナの感染対策なのに、このメニューが貼ってるだけでなんだか素敵なアクリル板に見えてきます。

メニューはこれのみで、着席すればランチがやってきます。

客層は20代カップルと近隣の芦屋主婦仲間が多い感じでした。

若年は完全にインスタきっかけですね。

豆皿に敷き詰められたミニチュアの世界感

こちらがそのランチ。

華やかですよね。

サーブされたお客さんはみんな「わー可愛い」と言って写真をパシャパシャ。

私もその一人ですがw

メニューと見比べて、どの料理がどれなのか一つ一つ確かめながら食べてしまいます。

どれも体に優しいローカロリーで、食材の良さを生かした料理たちです。

味もとっても優しく手作り感を感じます。

個人的には「鯛の和風南蛮漬け」と「アボカド豆腐」が美味しかったです。

所々で可愛さをくすぐられる小物たち

一つ一つの豆皿も可愛いのですが、こういうダルマさんとかも可愛いよね。

ちなみに、ダルマを開けたら「キノコのオイスターソース煮」が出てきました。

こういうところも乙女心をくすぐるのでしょう。

食事が終わったらお茶とぜんざいを出して頂きました。

〆に緑茶とぜんざいは、ほっと一息つける感じでちょうど良いね。

ぜんざいの入れ物やスプーンも小さくて可愛いです。

ここまで食べてきて、小皿一つ一つの量は少ないけど、色々と時間をかけて食べていたのもあってか満腹感は腹八分くらいでそこそこ。

女性ならちょうど良いボリュームかと思います。

これで1,500円は決して安くはないけど、色々な味を楽しみながらゆっくりとランチできることも踏まえて満足度は高いです。

コロナとか暗いニュースが多い最近ですが、こういう華やかな料理を食べると気分も前向きになれますね。

お店のすぐ近くに「いかりスーパー」があるので、買い物ついでにランチでもいかがでしょうか。

店名:まめ桜
住所:兵庫県芦屋市東山町29-22
アクセス:JR「芦屋駅」徒歩12分
平均予算:1,500円
評価: 4
食べログ:https://tabelog.com/hyogo/A2803/A280302/28052734/

スポンサーリンク