グルメ 和食

高知でカツオの藁焼きタタキを食べるなら「ひろめ市場」の「明神丸」が絶対的にオススメ

更新日:

高知出張に行ってきました。

高知と言えば、数年前にカツオを食べに旅行して以来。
今回も出張ついでに大好物のカツオのたたきを食べてきました。

高知市内でカツオを食べる店は山ほどあり迷ってしまいますが、やはり有名なのは「明神丸」ではないでしょうか。

街の中心地からほど近い「ひろめ市場」内にあり、いつも行列ができる大人気店です。

豪快に藁で炙るカツオ

市場内は物販とフードコートがある、よくあるパターンの構造です。
平日のランチタイムに行きましたが、それでも観光客や出張族で賑わっていました。

その中でもひときわ行列が目立っていたのが「明神丸」です。

高知で藁焼きカツオタタキと言えばここです。

ひろめ市場には他の店でもカツオは当然食べることができますが、せっかくこの市場に来たからにはちょっと待ってでもこのお店で食べることをオススメします。

メニューはこちら。

タレと塩タタキ。
また、たたき丼と鰹のハランボという脂身の多い希少部位もありました。

どれにしようかとっても迷いましたが、タレと塩両方味わいたかったのでセットにしてご飯と味噌汁を付けました。

これで1,500円なり。

他には、「青さのりの天ぷら」と「鯨の竜田」もありましたので、お好みでどうぞ。

オーダー後、この天ぷらゾーンを通ってお会計なのですが、その間に藁焼きしている前を通ります。

これ見たら、みんな気になるよね。
炙った直後にカツオをカットしてお皿に盛り付けていきます。

はい、期待感あり過ぎです。

スーパーのカツオはカツオじゃない

じゃん!
タレと塩たたきセットです。

炙った直後なので香ばしい香りがしてタタキ好きにはたまりません。

まずは塩タタキから頂きます。

ニンニクと一緒にいきたかったですが、この直後にお客様に会うのでぐっと我慢してパクリ。
当たり前だけど、、、旨いよ!最高だよ!!

まず、口の中に入れた瞬間香ばしい香りが広がり、カツオはほんのりあったかい。
普段食べるカツオは冷やしていることが多いと思いますが、あたたかいことでカツオの旨味がダイレクトに伝わってくる感じです。

塩だからこそタレよりも本来の味が楽しめます。
そして何よりも驚いたのが臭みが全くない。

普通カツオ食べた後にご飯を食べるとちょっと臭みがしますよね?
あれが無い。むしろカツオの旨味とちょっぴり塩味が広がりいい感じです。

次にタレ。

これも旨いに決まっている。

特製のタレが最高だ。
ポン酢でもなく醤油でもなく、カツオのためのタレだね。

香ばしさは意外にもタレの方が強かった印象です。
でも、個人的には塩の方が好きかな。

ということで、高知のカツオタタキは期待を裏切らないどころか期待以上のパフォーマンスでした。

高知で食べているから雰囲気で美味しいのではありません。
それを差し引いても絶対的な美味しさがありました。

ご当地グルメパワーおそるべし。
カツオはやっぱり高知に来て食べるべしですよ。

高知に来てどこでカツオを食べようか迷ってる人は、とりあえず「ひろめ市場」の「明神丸」に来たら後悔はさせませんよ。

店名:明神丸 ひろめ市場店
住所:高知市帯屋町2−3−1 ひろめ市場内
アクセス:各線、バス「はりまや橋」徒歩約10分
平均予算:1,500円
星評価:

-グルメ, 和食

Copyright© Endless Journey , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.