グルメ 和食

大阪で美味しいカニを食べるなら十三「かに福」が梅田や難波の店よりコスパが抜群

投稿日:

カニの季節です。

美味しいカニをお腹いっぱい食べたい!
でも、わざわざカニの本場に食べに行く時間もお金も無い。

というあなたにピッタリのお店が十三にありますよ!
大阪梅田からすぐの十三「かに福」は新鮮なカニとフグが安く食べれるのでコスパ抜群です。

境港や香住に食べにいかずとも、十三で美味しいカニが食べられます。

外観がいかにも大衆居酒屋っぽく、十三の下町感を感じますね。

ずわいがにのコースと単品料理の組み合わせがオススメ

外観とは裏腹に、店内は割と落ち着いており、ほとんどの席が半個室状態で仕切られてるので落ち着いて食事ができます。

2人で入りましたが、カーテンで仕切られた半個室の席に案内されてゆったり座れました。

カニのシーズンの週末は予約でいっぱいでこの日も満席、2時間制です。

メニューはこんな感じ(光の反射すみません、、、)

コースは当日お店に入った後でもオーダー可能です。

今回相方がそんなにカニが好きなわけでもなく、さらにあまり量がいらないということだったので、一人だけコースにできないか相談したらあっさりOK。

ずわいがにフルコースをベースにてっさなどふぐ料理の単品もオーダーしました。

カニだけじゃなく、ふぐといくらも召し上がれ

まずは貝的なお通しとカニの爪酢です。

念願のカニをパクリ。

あーこれこれ!!

その辺の居酒屋のカニの爪とは違います。
お酢で身がしまっていて凝縮された旨味がありました。

続いて、このお店の名物「かにいくらこぼれ寿司」です。

最高のビジュアルですね。
美味しいに決まってます。

カニもそうですが、いくらが違いました。
一つ一つの粒がしっかりしており、全く臭みがなく甘かったです。

新鮮ないくらとはこういうことです。

ここでコースは一休みで単品でオーダーした「特製ぶつ切りてっさ」

定番の大皿てっさの5倍の厚さでカットされたてっさを白菜に乗せて特製ポン酢と大根おろしで頂きます。

分厚いだけあって歯ごたえ抜群で食べ応えあります。

横に添えらえたのがフグの肝。

天然ものは毒がありNGだそうですが、養殖物で毒が入らないようにしているものなのでOKとのことです。

この肝がクリーミーで内蔵嫌いの僕でもとっても美味しかったです。

カニクリームコロッケです。

たっぷりカニの身が詰まってるのかなと思いきや、普通のクリームだったので、美味しかったけどちょっと期待外れでした、、、。

甘みが違うカニのクオリティ

コースに戻り陶板蒸し焼きカニです。

実はちょっと前まで炭火焼きだったらしく、ちょっと残念。

白い蒸気が上がったら火を止めて5分待ったら完成です。

ついにご対面です。

蓋を開けた瞬間にカニの甘く香ばしい香りが広がって期待感が高まります。

これです!

カニの身がキレイに取れます。
もう、安いカニをほじほじしなくてもいいのです。

口いっぱいに一口で食べちゃいます。

とってもジューシーで甘い!
最高に幸せな瞬間です。

続いてカニすきです。

カニちりではなくカニすきです。

そういえば、この二つの違いがよく分かってなかったのですが、

カニちり=ポン酢で食べる
カニすき=鍋の出汁でそのまま食べる

なのですね。

今回はカニすきです。

このカニ、新鮮なのでそのままカニ刺しとしても食べることができます。

これがめちゃめちゃ甘い!
刺しの方が、先ほどの焼きよりもさらに甘く感じます。

カニがあんまり好きじゃない相方もこればかりは美味しいと言ってました。

カニすきをぐつぐつ。

これで実は一人前です。
結構多いですよね?

で、ここで追加オーダーしちゃいました。

カニしゃぶです!

カニの甘さに感動しすぎて気が付けばご対面。

さっとお湯を通す程度の半生で頂きます。

カニの下に口を持ってきて下から上にパクリです。

口の中に幸せが広がるとはこういうことです。

そして、鍋をつつきながらオーダーしたのがこちら。

そう、ひれ酒!

その場で火を付けて仕上げてくれます。

すっごく香ばしい香りが広がります。

これがカニとの相性抜群です。
是非、一緒にオーダーしてみてください。

鍋に話が戻って、鍋に入ってる白菜とかの野菜にどんどんカニの出汁が染みていって野菜が甘い!

時間が経てばたつほど野菜が良い状態になっていきました。

で、〆の雑炊です。

店員さんが丁寧に作ってくれます。

もう解説するまでもないですが、あんなに甘いカニのエキスがたっぷり入った雑炊ですよ。

とてつもなく旨いに決まってます。

これも一人前にしては結構ご飯の量がありお腹いっぱい、幸せいっぱいになりました。

最後にアイスクリームがありましたが、この頃には酔っぱらって写真を取り損ねました、、。

美味しいカニを安く食べるなら梅田より十三

ということで、一人前のコースと単品にしては大満足のボリュームでお腹いっぱいになりました。

オーダーしたメニュー

◆ずわいがにのフルコース:5800円
・かに爪酢
・かにといくらのこぼれ寿司
・陶板蒸し焼きがに
・かにすき
・雑炊
・アイスクリーム

◆カニクリームコロッケ:800円

◆かにしゃぶ:1980円

◆特製ぶつ切りてっさ:980円

あとはお酒と合わせて2人で14,000円くらいでした。

2万円くらいは想定していたので、とっても安くついてコスパが良いですね。

女性とかあまり量がいらないけど色々食べたい時には、一人がコースであとは単品のオーダーがオススメです。

梅田とかの大阪市内で安くて美味しいカニをいくつか調べましたが、ここのコスパが断トツですね。

安かったら「かに道楽」とかあるけどカニのクオリティが違います。

もし値段は気にしないということなら、お初天神の「北よし」が香住の美味しいカニが味わえると有名ですが、コースなら1人15,000円以上はくだらないですね。

それなら本場まで行ってみようってなっちゃいます。

なので、本場まで行く時間とお金はないけど、新鮮なカニを安く食べたい時に「かに福」はまさにベストな選択なのです。

是非ご賞味あれ。

店舗情報

店名:かに福
住所:大阪市淀川区十三東3丁目26-7
アクセス:阪急「十三駅」徒歩4分
平均予算:8000円
星評価:

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-グルメ, 和食

Copyright© Endless Journey , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.