JGC修行 カフェ グルメ マイル 和食 旅行記 日本

【JGC修行】北海道中央卸売市場の海鮮丼と白い恋人パークへ

JGC修行も兼ねた札幌グルメ旅2日目。

この日は北海道に来たからには海鮮を食べなきゃ帰れない。

ということで、前日のジンギスカンとパフェがお腹に残った状態で向かったのは「札幌中央卸売市場」

コロナ&日曜日で通りは閑散としておりました。

海鮮販売とレストラン併設のお店が多く、どこに入ろうか悩ましいですが、「北のグルメ亭」というお店の口コミが割と良かったので無難にそこへ。

ベタな有名店「北のグルメ亭」で海鮮丼

団体客もよく受け入れているようで、大箱のお店でした。

店内にはサインがズラリ。

ちょっと観光色が強すぎるのは自分的には微妙ですが、、、。

メニューはこちら。

お店のイチオシは海鮮丼。

3,000円を超えるなかなかのお値段ですね。

ウニなんか5,000円近くして、全体的に観光地価格は否めません。

これだけ丼があるとかなり迷いましたが、初見なので無難に海鮮丼をチョイス。

北海の玉手箱を食らう

やってきました海鮮丼!!

お出汁も付いてます。

なかなかのインパクトですね。

アップで見るとさらに迫力ありますね。

まさに味の宝石箱です。

どこから食べるか、どう食べるかよくわからなくなりますが、とりあえず一気にかきこみます!

旨い!

さすが北海道の海鮮。

海鮮独特の臭みがなくどれも新鮮です。

特にウニが濃厚で甘い。

美味しいもの食べてる時って幸せですね。

ただ、これすごい量なんだよ。

ご飯の量も多いし、とにかくお腹いっぱい。

女性の方はご飯少なめにお願いした方が良いですよ。

ご飯を食べたら、この中央卸売市場ですることは特にありませんw

海鮮物を買いたい人は空港で買うより安いので、発送前提の人はここで買う方がオススメです。

人が少ない時なら結構値段交渉できそうな感じでした。

ちなみに「佐藤水産」というお店は店員に声掛けもされず、値段も手ごろで評判が良いみたいです。

その後は夕方の便までまだ時間があったので、近くの「白い恋人パーク」へ。

欧風テーマパークの雰囲気だけど大人には微妙

中央卸売市場の最寄り駅「二十四軒」からさらに西にいった終点「宮の沢」駅にある白い恋人パーク。

あの有名なチョコレート菓子「白い恋人」です。

出張の時にたまたま近くまで来ていて、その時から気になっていました。

謎に包まれたテーマパークですが、園内はどこかヨーロッパの雰囲気。

工場見学からお菓子作り体験、カフェ・レストランなどが集まっています。

最近はプロジェクションマッピングのアトラクションも増設したみたいで、中々気合が入っていました。

白い恋人ができるまでの工場が見れたり、

カフェやフォトスポットがあったり、

お土産コーナーがあったりです。

このテーマパーク自体はお金をかけて作ってる感じでしたが、正直大人はそこまで見るものがなく、1時間もあれば十分かもしれません。

お子さん連れのファミリーとかならもっと楽しめるかもね。

せっかくなので、白い恋人ソフトクリームを頂きました。

これはさすがミルクの国北海道。

コクがあって美味しかったです。

食べ終わると、そろそろ夕方の便に向けて新千歳空港へ移動。

空港で美瑛のコーンパンは買えませんでしたが、北海道のお菓子と一緒に飛行機へ飛び乗りました。

JGC修行はあと8,000FOP

24時間と短い旅でしたが、グルメだけなら十分な時間でした。

逆に札幌ならグルメ以外で行きたい場所が意外と無かったかも。

もう少し時間があれば、レンタカーでも借りて小樽や富良野くらいに行きたかったなぁ。

また冬にもスマイルクーポンキャンペーンがありそうなので、修行ついでに検討してみようと思います。

この修行を終えて、FOPがついに4万を超えて42,000FOP。

ゴールが見えてきました。

北海道や沖縄ルートを混ぜたらあと2回くらいでできそうです。

残り4ヵ月弱。

出張もあまり無さそうなので、早めに次の修行日程を立てようと思います。

ギリギリになってまたコロナが悪化したら達成できなくなっちゃうからね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-JGC修行, カフェ, グルメ, マイル, 和食, 旅行記, 日本

Copyright© Endless Journey , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.