日常 映画・テレビ

愛は時空を超える「インターステラー」は単なるSF映画ではない

photo credit: write_adam via photopin cc

「インターステラーは絶対見ないと損!」
「今までの映画の中でベスト3に入る!」」

という後輩の熱いメッセージに背中を押され、見てきましたよ「インターステラー」

公開してまだ間もないのに、日曜日の夕方の回で席が半分くらいしか埋まってなかったので、大丈夫かと不安になりました。

上映時間はなんと170分あるではないか。

そんな不安は映画がはじまると一瞬で吹き飛び、完全に世界観に入り込んでしまいました。

ストーリーは地球を救うために娘を置いて旅立つ男の話なので、きっとギリギリで生還して無事地球移住を果たしてお涙頂戴というのが定番だ。

しかし、そんな陳腐なストリートとは確実に一線を画していた。
SF映画というよりは人間愛に主眼を置いていることがより引き込まれた。

観終わった後、残った感情は「楽しかった」でもなく、「感動した」でもなく、言葉に言い表せない気持ちになった。

あえて言うなら「心が震えた」ではないでしょうか。

内容自体は結構難解なシーンがあって、後で「インターステラー ネタバレ」と検索してあのシーンはどういう意味だったのかと調べたくなります。

きっと理系の人で宇宙や時空について理解できる人はより世界に入り込むのではないでしょうか。

ある程度復習して2回目を見ると、もっと引き込まれるかもしれない。そんな気持ちにさせられました。

とりあえずこの映画は一度見ておくべきでしょう。
これまでの映画にはなかった何かが残ります。色々考えさせられます。

是非、「インターステラー」オススメです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-日常, 映画・テレビ

Copyright© Endless Journey , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.