雨に要注意!バッキンガム宮殿〜大英博物館〜キャスキッドソン本店:イギリス&フィンランド旅行記2日目

2日目。
この日の予定はバッキンガム宮殿~大英博物館~Cath Kidston本店です。

地下鉄に乗って移動。
通勤ラッシュで日本並みにパンパン。

まずはバッキンガム宮殿です。
衛兵交代の時間に合わせて出発!!

スポンサードリンク

バッキンガム宮殿は日程と天候のチェックを忘れずに

最寄駅からてくてくと街並み探索もかねて向かいます。

この2階建てバスがロンドンっぽいよね。
とか言いながらバッキンガム到着。

すると、門の前に人だかり。

なんだか悲しい顔をしております。
すると、「オーマイガー」という英語ができない僕でもわかるお馴染みのワードが聞こえてきました。

近づいてみると、、、

「no guard changing ceremony today」

オーマイガー!!
でございます。

まさかの雨で中止。
申し訳程度に、赤帽子ではなく黒の兵隊とお馬さんが観光客サービスで出てきてくれました。

あー見たかったよー衛兵交代。。。

⇒5年後にリベンジしてきました!

[st-card id=10052 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

とはいえ、この日しかチャンスがなかったので、泣く泣く次の目的地「大英博物館」へ。

男にはたまらない大英博物館の魅力

世界最大の博物館のひとつで、約800万点も収蔵されているとか。
いやはや、あまりにも広すぎて全部見ようと思えば丸1日はかかります。

こんなエジプトの像や

お馴染みアルテミス宮殿など、

日本コーナーもありました。

こういう系みるのが大好きな僕は眼を輝かせながら見てたのですが、
相方は全く興味がないらしく、カフェで休んどくとか。

相方曰く、ここは「男にしか分からない魅力」なのだとか。
そんなことないでしょ!!

仕方なく駆け足で見たけど、もっとゆっくりしたかったぜ。
カフェのケーキがそこそこ美味しかったのが救いもの。

大英博物館を出ると、すっかり夜に。
街中がそろそろクリスマスモードでキレイでした。

女子が大好きな「キャスキッドソン」ロンドン本店へ

その後は相方のメインイベント、キャスキッドソン(Cath Kidston) のロンドン本店へ。

店内はこんな感じ。
相方の目がキラキラしとりました。

日本非売品の傘や買い物トートを買いあさり。
こちらは先ほどと逆で「女にしか分からない魅力」笑。

この日の夕食は歩き疲れたのでコンビニで済ませました。


サーモンサラダと寿司です。
さっそく日本食、、、。

さて、明日はこのハネムーン最大のイベントであるオールドトラフォードでのマンチェスターユナイテッド観戦です!!

[st-card id=1136]
最新情報をチェック!
>タビプレッソ(Tabi=Espresso)

タビプレッソ(Tabi=Espresso)

旅には凝縮された体験が詰まっている。それはまるでエスプレッソのようにギュッとうま味が凝縮された体験である。平凡な日常が、旅というエスプレッソを通して刺激的な毎日になりますように。