住吉のうどん「花菜(はなな)」はブレンドした鰹ダシのスープが絶品!

今日のランチは何食べたい?

という質問に秒速で「うどん」と即答するうどん好きの嫁。

連れられてやってきたのは、住吉の「花菜(はなな)」
芦屋にも店を構えていて旧店名は「あんかけや」です。

ベーシックな味わいながら、常連が多いという口コミです。

スポンサーリンク

ついつい手が出ちゃう選べる一品料理

店内は落ち着いた和の装いにちょっとオシャレさを足した感じ。

あんかけやの時はもっと「和」を意識した内装だったようです。

メニューの一部はこちら。

かなりメニューは豊富です。

ほとんどが800円以上で、若干高めの印象かな。

そして、このお店の最大の特徴はこちら。

お昼のうどんにセットで300円で選べます。

こうやって見せられるとついつい頼んでしまいますよね。

お店の戦略にどっぷりつかって、「だし巻き」と「にぎり寿司」、うどんはちょっと贅沢に「えび天鍋焼」をオーダー。

鰹ダシがお腹にしみ込むスープ

具だくさんの鍋焼(えび天、もち、しいたけ、玉子、水菜)

まずはスープから。

鰹ダシがベースのオーソドックスな味ながら、ダシの味わいが強く奥深いです。
数種類の削り節をブレンドしているようで納得です。

飽きずに最後まで飲み干してしまいそうになる、どんどん飲みたくなるスープでした。

麺自体はまぁ普通に美味しく、というかスープの印象が強かったです。

続いてセットの一品料理。

まず、だし巻きですが、ちょっと濃い目なのですが出汁が効いていてとても美味しい。

甘い出汁巻きではなく、極端に言うと甘辛い系でご飯が進む感じです。

次にサバ寿司。

写真で伝わるでしょうか。

サバの新鮮さが分かるネタのテカリ具合です。

サバの旨味が強く、こちらもとても美味しかったです。

一品料理はどちらもアタリだったので、他の料理も試したくなりますね。

また、夜はうどんだけじゃなく居酒屋利用もできるので、「ランチで一品料理をセットで試してもらって夜に来店」というお店の戦略が流石です。

でも、その戦略にまたしても乗っかろうかと思ってしまいました。

唯一気になるのはコスパかな。

ランチセットを試してしまうので、この日は二人で3,000円超えでした。

味は満足なのですが、これならちょっと良い店のランチコースも食べれてしまいます。

まぁ、少し値段が高くても美味しいうどんを食べたい人には間違いなくオススメのお店です。

店名:花菜(はなな) 住吉店
住所:神戸市東灘区住吉本町3丁目11-8 西住吉アーバンライフ1F
アクセス:JR神戸線「住吉駅」徒歩7分
平均予算:1500円
評価: 4
食べログ:https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280106/28004402/

スポンサーリンク