イモトのWiFiより断然格安!グローバルWiFiをヨーロッパ旅行で使ってみた

ヨーロッパ旅行に行ってきました。

行き先はロンドン、パリ、ミュンヘンの3都市を周る6日間。

今回、旅行先でどうしても仕事をしないといけなくなったので、初めて海外WiFiレンタルを使用してみました。

どの会社にしようか迷って、まずは有名なイモトのWiFiでヨーロッパ6日間で検索してみました。

スポンサードリンク

イモトの半額なグローバルWiFi

え?6日間5,640円!
高いよ!

でも、相場がそんなもんなのかと思って他を調べて見ると、イモトより断然安い「グローバルWiFi」がありました。

イモトの中速より快適な高速ですら、2,340円と半額以下です。

なんでこんなに違うのか、ありえないくらいの差です。

まぁ、イモトは広告を大量に投下しているから、やはりユーザーに負担がかかるのではないでしょうか。

日数とエリアによってこの差額は変わりますが、いずれにせよイモトは圧倒的に高く、グローバルWiFiの圧勝でした。

ちなみに私が予約した時はキャンペーンでクーポンを使えたので、なんと1,920円です。

ということで、グローバルWiFiに決定です。

バッテリーの持ちも良く概ね良好

私は関空から受け取りましたが、主要空港なら大体カバーしてます。

こんなWiFiセットが渡されます。

早速開けて色々したくなりますが、渡航先以外で電源を入れると高額請求が来る危険性がありますので、渡航先のホテルに着いてからにしましょう。

中身はこんな感じ。

本体、電源アダプタ、変圧器の3点セットです。
説明書が入ってますが、やることは自動的にデータ使用してることを解除することです。

・機内モード
・モバイルデータ通信をOFF(設定→モバイルデータ通信)
・Appのバックグラウンド更新をOFF(設定→一般→Appのバックグラウンド更新)
・iTunesの自動ダウンロードOFF(設定→iTunes storeとAPP store→自動ダウンロードを全てOFF)
・写真の自動アップをOFF(設定→写真とカメラ→iCloudフォトライブラリ、マイフォトストリーム、iCloud写真共有をOFF)

この5つをやるだけでOKです。

あとは、電源を入れて本体に貼ってあるWiFiを選択してパスワードを入力したら完了です。

充電する時は変換プラグを使用しましょう。
セットすると、こんな感じです。

本体だけじゃなく、USBのラインがもう1本あるので携帯の充電にも使えますよ。

実際に使ってみた感覚では基本的には問題ありませんでした。

唯一気になると言えば、地下鉄に乗っている時はさすがに繋がりませんでしたが、これはどれも同じですよね。

その他はバッテリーの持ちも1日間は余裕でOKでしたので、高いお金出してモバイルバッテリーのオプションは必要ないかと思います。

これで1日400円弱程度で使用できるなら、今後の海外旅行でも是非持っていきたいと思いました。

私の時はグローバルWiFiが一番安かったですが、Wi-Ho(ワイホー)という会社の方が安い時もあるようです。

基本的にはどちらも大きなサービスの違いはないので、比較して安い方で良いのではないでしょうか。

海外専用グローバルWiFi
格安の海外用WiFiはワイホー

最新情報をチェック!
>タビプレッソ(Tabi=Espresso)

タビプレッソ(Tabi=Espresso)

旅には凝縮された体験が詰まっている。それはまるでエスプレッソのようにギュッとうま味が凝縮された体験である。平凡な日常が、旅というエスプレッソを通して刺激的な毎日になりますように。