エアライン・航空券 マイル 旅ハック 旅先 特典航空券

燃油サーチャージで差をつけろ!ANAマイルを使って人気観光地へ格安で行ける航空会社

投稿日:

苦労して溜めたANAマイル。

さぁ、旅行に行くぞと特典航空券を予約しようと検索すると、「お支払い総額」のところが1人数万円というバカ高い金額が表示されているではないか。

マイルを使ってタダで旅行!とは程遠い金額。

そう、燃油サーチャージの高騰が原因です。

ただ、これは航空会社によってかなり金額差があります。
特に燃油サーチャージが高い中長距離路線なら一目瞭然です。

同じANAマイルを使ってもこんなにも違うのかとビックリしたので、中長距離の人気観光地で比較してみました。

バンコク=タイ国際航空

バックパッカーの聖地「バンコク」

バンコクへのスターアライアンス直行便は「ANA」と「タイ国際航空」です。

ANA

タイ国際航空

ANA タイ国際航空 差額
マイル数 35,000マイル 35,000マイル ±0
税金・燃油サーチャージ等 18,620円 14,540円 4,080円

タイくらいの中距離でもいきなり4,080円の違いです。

サービス系の費用は全く一緒。
燃油サーチャージで差がでました。

シンガポール=シンガポール航空

最近急速に人気観光地となっているシンガポール。

シンガポールへのスターアライアンス直行便は「ANA」と「シンガポール航空」です。

ANA

シンガポール航空

ANA シンガポール航空 差額
マイル数 35,000マイル 35,000マイル ±0
税金・燃油サーチャージ等 19,900円 6,800円 13,100円

13,100円もの違いです。

シンガポール航空最大の特徴は、なんと燃油サーチャージの計上が無いのです。
原油が高騰してるこの時代の救世主です。

しかも、シンガポール航空はCAさんが美人、席が広い、機内食が美味しい、エンターテインメント設備が充実している、など評判が良いです。

ハワイ=ANA

みんな大好き楽園「ハワイ」

ハワイへのスターアライアンス直行便は「ANA」と「ユナイテッド航空」です。

ANA

ユナイテッド航空

ANA ユナイテッド航空 差額
マイル数 40,000マイル 40,000マイル ±0
税金・燃油サーチャージ等 26,510円 26,350円 160円

ほぼ同じです。

サービス料と燃油サーチャージで若干のズレがある程度で僅差です。
これなら機内サービスの質を考えると断然ANAを選びますね。

しかも、来年春から大型機導入やANAラウンジオープンなどニュースが盛りだくさんです。

ニューヨーク=エア・カナダ

世界中のエネルギーが集まる「ニューヨーク」

ニューヨークへのスターアライアンス直行便は「ANA」と「ユナイテッド航空」です。

ですが、私が注目したのは、あえて経由便で「エア・カナダ」

ANA

ユナイテッド航空

エア・カナダ

ANA ユナイテッド航空 エア・カナダ 差額(ANA-エア・カナダ)
マイル数 50,000マイル 50,000マイル 55,000マイル 5,000マイル
税金・燃油サーチャージ等 37,480円 37,320円 6,020円 31,460円

ANAとユナイテッドはほぼ同じ。
直行便なら差が出ませんのでANA優先ですね。

ところが、少し視野を広げてみると「経由便」のエア・カナダが浮上してきました。

マイルこそ5,000マイル消費が多いものの、ANAと31,460円も違います。

カップルや夫婦二人でニューヨークへ行く場合は合計で62,920円です。

これなら、滞在先のホテルや現地での食事・アクティビティへお金を投資したいですよね。

パリ=スカンジナビア航空

花の都「パリ」

パリへのスターアライアンス直行便は「ANA」のみです。

パリへ行く人は真っ先にANA直行便を検索しますが、あえて経由便で「スカンジナビア航空」はいかがでしょうか?

ANA

スカンジナビア航空

ANA スカンジナビア航空 差額
マイル数 55,000マイル 60,000マイル 5,000マイル
税金・燃油サーチャージ等 37,660円 10,980円 26,680円

ビックリしません?

26,680円もの差が出ています。
夫婦やカップルで行く人は5万円以上ですよ?

5万円あれば安いホテルなら3泊くらいできますし、現地でブランド品買えちゃいますよね。

5,000マイルの差と直行便という利点があるといっても、この金額差は無視できません。

スカンジナビア航空は、シンガポール航空同様、燃油サーチャージの計上が無しというマイラー界の神航空会社なのです。

他にもスターアライアンスの経由便なら、ルフトハンザ、スイスインターナショナル、ターキッシュエアラインズ、LOT ポーランドなどがありますが、どれもANAと一緒かやや高い金額でした。

燃油サーチャージが高い時こそあえてANA以外

https://www.staralliance.com/ja/member-airlines

いかがでしたでしょうか?

特典航空券を検索する際は基本的にはANAが優先で選んでる人がほとんどだと思います。

実際ANAの機内サービスや安全性を期待して私もそうしてきました。

それが、近年の原油価格の高騰で燃油サーチャージが無視できないレンジまで上がってきました。

これでは、せっかく貯めたANAマイルで高額の航空券を買ってるような感覚で出費が痛すぎます。

そんな時はちょっとだけ視点を上に上げて、色んな航空会社、または経由便含めて比較してみてはいかがでしょうか?

浮いたお金で現地での費用に充てて、旅行トータルでの格安贅沢旅行を目指したいですよね。

特典航空券活用術はこちらもご参考に

燃油サーチャージ無料で数万円お得!ANA・JALの特典航空券を劇的に安く発券する方法

マイルを貯めているANA派の人もJAL派の人も、特典航空券に交換して安く海外旅行に行くことを目標にしていますよね。 格安で海外に行ける! なんて心踊らせて航空券を発券しようとすると、最近やけに高くない ...

続きを見る

ホノルル特典航空券の空席が無い!そんな時は北米経由ルートが意外な抜け道かも?

GWに旅行に行こうとマイルで特典航空券を色々と検索。しかし、まぁ空きが無い! ただでさえ、ANAはJALより特典航空券が取りにくいと言われていますが、GWなどの大型連休ならなおさらです。 上級会員でも ...

続きを見る

【乗り継ぎ時間・変更・キャンセル】ANA特典航空券を予約した後に考える不安をANAへ聞いてみた

GW旅行を勢いで予約してしまいました。 すでに出発まで2週間ほどという強行スケジュールですが、陸マイラーとしてマイルで航空券を取るようになってからはこのスケジュール感に慣れてきました。 というのも、出 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-エアライン・航空券, マイル, 旅ハック, 旅先, 特典航空券
-

Copyright© Endless Journey , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.