日常 映画・テレビ

映画「ビリギャル」めっちゃ感動した!!久々に映画の世界に入り込んだ感覚だった

更新日:

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-OJS_sekitokokuban-thumb-1000xauto-13844
映画「ビリギャル」を見てきました。
自然に涙が止まらず、あそこまで映画の世界に入り込んだのは久々でした。

きっかけは有村架純が可愛いからという不純な動機だったけど、(笑)
かなり感動して、何よりも見終わった後に前向きな気持ちにさせてくれました。

こういうタイプの映画って、エンディングが分かってるからベタな展開で興ざめすることが多いよね。
でも、この映画は単に「勉強頑張った」だけじゃなく、家族、友達、先生、塾講師とのリアルな関係性と本人の葛藤がすごくリアルに描かれています。

キャスティングも絶妙でみんな演技がうまい。
自分の過去と照らし合わせてどっぷり世界に入ってしまいます。

その人の可能性を信じて最大限引き出すために必死になっている坪田先生の姿。
それに答えるビリギャル。

何事も本気で取り組むことの大切さを教えられます。
そして、坪田先生の言葉が心に響きました。

”意志あるところに道は開ける”

リンカーンの名言ですね。
本当にそうだなぁって思います。

今までの自分の人生を振り返ってみると、本気で取り組んだと思えることは大体道が開かれていました。

そう思うと、最近本気になれていないのかもって思います。
本気で取り組むってカッコいいし、その人が輝いて見えますよね。

可能性を大切にすること
本気で取り組むこと

この映画から大切なことをあらためて感じさせられました。
そして見終わった後、なんだか前向きな気持ちになっています。

彼女のように本気で取り組んで、新しい自分の可能性を広げていきたいと思います。
本当に素晴らしい映画なので、高校生だけじゃなく、大人にも見て欲しい映画です。

-日常, 映画・テレビ

Copyright© Endless Journey , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.