トランジットの台湾で小籠包とマンゴーを味わう食う:バリ島旅行記1日目

遠出する時間がない。
でも近場じゃなくて全然違う文化で気分転換したい。

ということで選んだのはインドネシア「バリ島」
ビーチとアジアンフードを求めて旅立ちました。

スポンサードリンク

空港でこのクオリティ!な台湾ご当地グルメ

直行便はガルーダインドネシア航空で7時間ほどですが、貧乏なピーターパンは台湾でトランジットの貧乏旅行です。

到着後、6時間もマーヒーな時間があったので、ここは台湾ご当地を食すしかない!!
ということでまずは小龍包!

肉汁がジュッジュワーッです!
まいうーでございます。

そしてデザートとしてマンゴーパフェ!

これでもかというくらいマンゴー山盛り。
んーうまい!甘い!

フルーツ好きの僕としてはたまりません。

台湾で食ってるというこの雰囲気だけで美味しいのがご当地のパワー。
その後は特にすることもなく、かといって空港の外は何もない。
適当にネットでもしながら時間つぶしして、いざバリ島へ!!

4時間くらいで到着。

すでに夜もだいぶ更けていたので空港はガラーン。
HISのシャツきたわかりやすいおっさんにわかりにく日本語で案内されてホテルまで送ってもらいました。

リーズナブルでおしゃれな「オールシーズンズ レギャン バリ」

到着したのは「オールシーズンズ レギャン バリ」

ライトアップが雰囲気あってグッド。
ウェルカムドリンクを頂きながら、早々にお部屋へ。

こんな感じ豪華ではないけど、綺麗で清潔感があってなかなか良い感じです。

このビーサンがサービスでついてくるんだけど、なかなかオシャレでしょ♪
バリでも、日本でも評判が良かったです。

この日は旅の疲れもあり、早々に就寝♪

[st-card id=937]
最新情報をチェック!
>タビプレッソ(Tabi=Espresso)

タビプレッソ(Tabi=Espresso)

旅には凝縮された体験が詰まっている。それはまるでエスプレッソのようにギュッとうま味が凝縮された体験である。平凡な日常が、旅というエスプレッソを通して刺激的な毎日になりますように。