オススメ商品 日常 音楽

”読書が苦手”を克服するなら「Amazonオーディブル」で本を聴くことでリラックスしながら集中できる

投稿日:

読書が苦手です。

何度か読書を習慣付けようとチャレンジしたことがあるのですが、本当に続きません。

読んでいる内に違うことを考えてしまったり、眠くなってしまったり、とにかく集中できないのです。

そんな読書が苦手な人に救世主です。

「Amazonオーディブル」ってご存知でしょうか?

本を読むのではなく聴くのです。

無料体験で試してみましたが、思ってたよりアリかも!!

私が試してみた感じでは、通勤電車、新幹線・飛行機内の出張、ランニングなどに使えそうです。

本を聴く「Amazonオーディブル」

使い方は簡単。

「Audible」のアプリを携帯にインストールして、音楽と同じように聴くだけです。

月額1,500円で好きなタイトル(価格問わず)を購入でき、それ以外に無料で聴けるビジネスコンテンツや、30%OFFで単品購入も可能です。

ラインナップはビジネス書から「君の名は」みたいなアニメまで幅広くあります。

では、実際に聴いて見てどうだったか?

意外に集中できて内容が入ってくる

ちなみに聴いたのは堀江貴文の「多動力」

本を聴くということに疑心暗鬼でしたが、思ったより集中できて内容が頭に入ってきました。

そして、文字を読まないといけないのではなく目を瞑ってリラックスすることで、本の世界をより想像しながら聴くことができました。

そのお陰で疲れることなく本を読めた(聴けた)ことで、これまでの読書苦手コンプレックスから抜け出すことができそうです。

読むスピードも調整でき、当然途中停止も可能。

また、寝る時なんかはスリープモードにもできるので、音楽を聴きながら寝ていた人は、本を聴きながら寝ることができます。

通勤・出張・ランニングに最適

実際に使ってみて「通勤・出張・ランニング」に最適だと感じました。

通勤電車で本を読むときは満員電車では読めないし、そもそも荷物になります。
また、疲れてる朝などは活字を読むことに疲れませんか?

それが、Amazonオーディブルなら手を使うことなく、荷物になることなく、どこでも本を聴けます。

疲れて寝てしまったとしても、それはそれでいいのです。

出張に関しても、まずは荷物を軽くしたいのに重い本があればそれだけで持っていくのに躊躇してしまいます。

また、出張では新幹線や飛行機でまとまった時間がありますよね。

その際にAmazonオーディブルで目を瞑ってリラックスしながら本を聴けば、疲れを取りながら本を読めるのがとても良いなと思いました。

東京ー大阪間の移動で本が一冊読める(聴ける)感じですね。

最後にランニング。

ランニングのお伴と言えば「音楽」ですよね。

もちろんそれはそれで良いのですが、ランニングを続けてると音楽に飽きてくる時はありませんか?

そして、音楽の分数や曲数を見ながら、

「あーまだ10分しか経ってないのか」

なんて気持ちが疲れてしまう経験がありました。

そんな時にAmazonオーディブルで本を聴いて集中していると、一瞬時間を忘れて気が付けば数キロ走ってることがありました。

なんだかラッキーな気分になってこれはアリだなと思いました。

最初の一冊は無料!「Amazonオーディブル」を体験しよう

通勤・出張・ランニングに最適なAmazonオーディブル。

私自身、正直最初はあまり興味がありませんでしたが、無料体験できるからとりあえず試してみたら思ってたより良かったです。

手ぶらでリラックスしながら本が読めて、さらに集中できるというのがいいですね。

ただ、気になるのは月額1,500円という会費。

これで1,500円以上の本を購入すればそれだけで元が取れるのですが、ちょっと高い気がしますよね。

なので一度試してみて判断するために30日間の無料体験もやっています。

今なら聴くだけでAmazonポイントをもらえるキャンペーンもやっていますので、とりあえず試してみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-オススメ商品, 日常, , 音楽

Copyright© Endless Journey , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.