トラブル解決 ブログ

「functions.php」を編集してたら画面が真っ白になった時の対処方法

更新日:

a1640_000326_m
検索してこちらにたどり着いた皆様。
おそらくこんな感じではないでしょうか。

安心してください。
1時間前まで私も同じ顔をしていましたが、今は笑顔です。

次なってしまった時の備忘録として残しておきます。
※この記事の対処方法を行って何か起こっても責任は負いかねますので、一事例としてご参考にください。

まず、やること

「落ち着くことです」

画面が真っ白になって、頭が真っ白になってしまった時に限ってパニックに陥り、全然関係ないところまで変更してしまいがちです。
結果、どこを修正したか全くわからなくなるのが一番ひどくなるパターンです。

さらに管理画面まで真っ白となれば、絶望感でいっぱいでしょう。
でも、そんな時でもサーバーにはもちろんデータはあります。

「functions.php」をいじっておかしくなったのだから、そこだけに集中すれば良いのです。

 

私のサーバーはさくらインターネットですが、どこも基本は同じでしょう。

まずはサーバーの管理画面に行きます。
さくらであれば、サーバコントロールパネルのファイルマネージャーを開きます。

wp→content→themes→使用中のテーマ(stinger3など)とクリックしていきます。

すると、「functions.php」というファイルがあると思うので、チェックを入れて編集ボタンを押します。
中身をバックアップやメモ帳に移していたものに差し替えて保存です。

これで完了です。
自分のサイトを再び確認してみてください。

 

もし、どこを編集したのかわからなくなった場合はデフォルトの「functions.php」を再度アップロードし直すことになります。
そうならないように、作業前には必ずバックアップか一時的でもメモ帳に移しておきましょう。

今回は良い教訓になりました。
「functions.php」はスタイルシートみたいに気軽に触ると痛い目に合います。
くれぐれも慎重に行いましょう。

-トラブル解決, ブログ

Copyright© Endless Journey , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.