アジア 旅行記

台北最大の夜市!「士林夜市」のカオスなB級感が半端ない:台湾旅行記1日目

更新日:

2014年末、台湾へ旅立ってきました。

以前から、千と千尋の舞台「九份」に行ってみたかったので、出発5日前に格安チケットを発見して衝動買いです(笑)

伊丹から福岡空港経由で台北入りのエバー航空。
キティちゃんラッピングの機体でした。

台湾ではこの後、キティちゃんをいたるところで見ることになりました。
もともと猫好きの台湾だからキティちゃんなのかなぁ?

「九份」と台湾グルメを求めて


機内食です。キティちゃんです。
焼きそばみたいなのが出ましたが、これはハッキリ言って不味かった!!

アイスクリームも甘すぎて、食べれないこともないけど残念な味でした。。。

台北の桃園空港へ到着後は空港リムジンバスで移動です。

このバス、シート幅が広くフットパスもついていてとっても快適。
ホテル最寄りのバス停で降りて、今回の宿泊先である「リビエラホテル」到着です。


外観を撮り忘れたけど、このホテルはスタッフの対応、部屋の綺麗さ、アメニティなど、すべてが快適でした。

立地に関しては、最寄駅から少し遠いと言われているけど、各方面への無料シャトルバスがついてるし、タクシー移動が安い台北では全く気になりませんでした。

この金額でこの内容なら、コストパフォーマンスはかなり高いと思います。

台北の夜市と言えばココ!!士林夜市のB級感を満喫

この日の到着は夕方だったので、18時ホテル発のシャトルに乗ってさっそく士林夜市へ出かけました。

士林夜市は数ある夜市の中でも最大規模らしく、広すぎてどこまで見たのかわからなくなるくらい。市場はカオスそのものです。




食べ物だけじゃなく、雑貨、服、射的や金魚すくいまで、とにかく何でも揃ってます。しかも全部B級感の空気が半端なく、掘り出し物というより怪しいけど面白いアイテムが多い印象でした。

とりあえずお腹が空いたので、この看板が目印の地下の食品街へ。


地下には屋台とそれぞれにテーブルが置かれていて、凄い熱気。

匂いも独特です。東南アジアの露店の匂いのそれと似ている感じで、苦手な人にはちょっときついかも。

とにかく人がすごくて、最初はどの店でどう注文すればいいのか戸惑ってしまいます。とりあえず人が多そうな店に座って、定番系をオーダー。

オーダーしたのは3品。

・蚵仔煎(牡蠣オムレツ)
・魯肉飯(豚そぼろ飯)
・臭豆腐(その名の通り臭い豆腐)

牡蠣オムレツと豚そぼろはいい感じのB級感の味で美味しかったけど、なんと言っても強烈だったのは「臭豆腐」

その名の通り、とっても臭い豆腐で、近くを歩くだけでもすごい臭ってきます。でも、噂ではクセになる味で美味しいと聞いていたのでチャレンジしたけど、個人的にあれは受け付けませんでした。

ちょっと甘辛いソースがかかっていて、豆腐にしみ込んでいます。
ひと口食べると、独特な甘辛く臭いものが口の中に広がります。

クセになる味ってのが分からなくもないけど、味がどうも美味しいとは思えませんでした。
個人差かな。

気を取り直して、次なるB級グルメはその地下街にある特大クリスピーチキン「豪大大雞排」です。


常に行列の名店で、地下に入れない人たちが地上のベンチで食べています。

とにかくデカく、人の顔サイズくらいあるので最初に食べたら他が食べれなくなるので注意。
できれば二人くらいでシェアして丁度よいサイズ。

これが大当たりでした!!

最初は、ただデカいから話題になっているのかと思っていたけど、揚げ具合も抜群だし、なんと言っても振りかけてるスパイスが絶妙にクセになる味で、外のカリッと感とスパイシーな味がたまりません。

食べ終わったら結構お腹いっぱいになっちゃったので、マンゴージュースでお口直し。

結構体力使いますよ夜市。
こんなお祭り騒ぎが年中無休で夜中までやってるなんて、なんというパワーなんだ。

この日は朝4時起きの疲れもあり、ホテルに戻るとお風呂も入らずに寝ちゃってました。。。

翌日は世界一に輝いたパンを求めて台北の「呉寶春」へ向かいます!

-アジア, 旅行記

Copyright© Endless Journey , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.