アメリカ 旅行記

憧れの初ニューヨークはトラブルだらけで波乱の予感:ニューヨーク旅行記1日目

更新日:

どこか遠くへ行きたい。日本から離れて気分転換したい。

遠くへ行くならどこか?
世界の中心のニューヨークでしょ!

一度は行ってみたかった場所。
いつか行こうではなく、今行こう!ということで旅立ってきました。

スーツケース届かない、飛行機飛ばない事件

関空から直行便があったが、成田、トロント経由なら3万近く安くなったので、時間がかかるがエアカナダにて出発!!

いえす!憧れのニューヨーク!
成田から約12時間のフライトです。

離陸直後にまずは夕食。
メニューはこちら

デミグラスなビーフ的なやつです。
特に美味しかったけではなく、でもそれなりでした。

その後、真夜中の夜食になんとカップヌードル!!

なんでやねん!!

ほぼみんな寝てたので、寝起きにカップヌードル。
しかも味が、、、薄すぎる。
無理くり食べました。

そして最後は着陸前におかゆです。

これはなかなかでございました。
エアカナダとおかゆ。
なんだか変な感じ。

そんなこんなで13時間、寝っちゃら食う、寝っちゃら食うの繰り返しでカナダ・トロント到着です。

初の北米!かなり遠くまで来た感満載です。
しかし、ここで事件です。

なんと、僕たちのスーツケースが届いていないとの税関の一言。
理由は?

 
I don't know.
 

はぁ?なんとかしろよ。てか、あきらめるの早いよ。
的な日本が英語かわからんトークをし、待つこと数分。

スーツケースの写真がモニターに。

できるじゃん!あんた!
グッドジョブと言い残してニューヨーク発の飛行機へ乗り換え。

あのまま詰めて聞かなかったら、今頃スーツーケースはどこにいっていたんだろう、、、ぞっとするぜ。

気を取り直して、ニューヨーク行の飛行機へ搭乗。
いざ目的地へ!

と思いきや、今度は離陸直前で停止。
まさかの引き返しです。
しかも、英語とフランス語で話すから何を言ってるのかさっぱり。

お詫びに空港や機内で使える10ドル券が配られました。

まぁ、これも経験と思いスタバでコーヒー買って、
ipadが並ぶおしゃれなカフェで4時間待ちぼうけです。

そして4時間後、やっとのことで離陸したのでした。
すでに大阪を出て20時間以上経過。

長い道のりだぜい。

真夜中の到着と暴走タクシー

やっとのことで到着したのはすでに予定より6時間押しの深夜23時過ぎ。

ラガーディア空港という国内線中心の空港だったこともあり、こじんまりしておりました。
welcome to New york の電照掲示板を見て、ついに着いたんだと実感。

外に出るとタクシーの行列が。

ニューヨークでは黄色のタクシーが公共の?(ちゃんとした)タクシーだとか。
白タクや黒タクはメーターがついていないのでボッタくられる可能性があるので要注意です。

タクシーに乗り、マンハッタンにあるホテルへGO!!

深夜にも関わらず、ビュンビュン飛ばすタクシー。
そして、急カーブでもブレーキを踏みません。

さらに飛ばすタクシー。
って飛ばし過ぎやろが!!

「ニューヨークのタクシーはクレイジーなドライビングだぜ」

と自慢げに言うドライバー。
あんな危ねーよ!

そんなこんなで命からがら宿泊先のニューヨークホテルへ到着。

もう体はボロボロ。
その日はコンビニで軽食を買って、倒れるように就寝。

次の日はブロードウェイで本場のミュージカルを体験!

-アメリカ, 旅行記

Copyright© Endless Journey , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.