人は充実した時間を過ごしてる時は歳を取らないらしい

      2014/10/13

PAK86_boruasobiyoujyo20140113500今日どこのネットニュースだか忘れたけど、ちょっと考えさせられたニュースがありました。

これまで何かに夢中になって、いつの間にか時間が過ぎていた。
なんてことはないですか?

まだ1時間くらいと思ってたら、すでに3時間も夢中になっていたなんてね。
実はそんな時は本当に人間の体は1時間しか歳をとっていないらしい。


よく私生活や仕事が充実している人を見るとキラキラして若く見えるのはそのせいなのかもしれない。

内面から出る充実感と実際夢中になってることが多いから、本当に体として若い状態なんだね。

逆に、たまに会った友人がやけに老けたなと思うことがあるけど、そういう人に限って割と単調な毎日を過ごしていたりする。

こういうのを聞くと、ますます流れにそっていつの間にか時間が過ぎている、、なんてことのないようにしたいよね。

 

時間を忘れるくらい夢中になって充実した時間を過ごしたい。

そうするといつまでも若くキラキラした人間になれるってことだね。
人生は1回きり。

精一杯楽しまないとね。

 - 日常