スポーツ 日常

香川のドルトムントへの移籍が決定

更新日:

blog_import_4f19a4dcc6bbcⓒnaverまとめページより

香川のドルトムントへの移籍が決定したらしい。

マンチェスターUへ移籍した時はまさか日本人からマンUに移籍するなんて信じられませんでした。しかも、移籍した年にプレミア制覇。
香川にとって3年連続のリーグ優勝。まさに優勝請負人でした。

そんな香川もファーガソン監督の勇退によって状況が一変。
モイーズ監督からはサブ扱い、ファンハールにいたっては戦力外通告。

これまで「ビッグクラブでのレギュラー争いが自分にとって一番成長できる」と考えていた香川もさすがに考えるよね。

 

香川にとっては確実に移籍した方が良い状況。
クラブにとってみれば日本企業のスポンサー収入が心配だろうけど。

逆に香川がいなくなってスポンサーを外れる企業はアジアしか見てないってことだよね。マンUは世界中にファンがいるので、是非ともこのままチームをサポートしてほしいものです。

そういう意味では今回候補にあがってたバレンシア、リヴァプールよりはよかったのかな。この2チームは確実にアジア戦略としての香川を意識してたらしいからね。

 

しかし、ファギーがまだ残っていたら香川はどんなプレーを見せてくれていたのだろうと考えてしまう。

ファンハールはまだ気の毒だとしても、モイーズは完全に迷走してファギーが積み上げてきたものを壊してしまった。

これは神様が与えた試練なんだと香川も言っていたけど、
セレッソ→ドルトムント→マンチェスターUといったシンデレラストーリー過ぎたのも間違いない。

彼はまだ25才。もう一皮むけてロシアワールドカップではブラジルの悔しさを是非晴らしてもらいたい。

そして、それをきっかけに再びビッグクラブで活躍する日を期待してます。

-スポーツ, 日常

Copyright© Endless Journey , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.