泣ける!勇気が出る!僕の心を震わせる名作CMたち

      2017/01/15

広告の仕事に携わって早10年。
体力的にも精神的にもしんどい仕事だけど、一度も広告を嫌いになったことはなかったなぁ。

今でも、CMを見るのが好き。
特に心を震わせるようなものが大好きです。

Youtubeを見てたら止まらなくなったので、気になったCMをご紹介。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=IQKfQIYzNbY

僕の心を震わせるCMたち

toto CM 「最後の試合」篇

バスケットボール部「吉田」の引退試合。一生懸命練習し、努力したけど「最後の引退試合」もベンチ。
結局、試合には出られなかったけど、そんな彼の努力(シュート)がいつか決まる日が来る。

最後のコピーが秀逸ですね。
スポーツが教えてくれる大切なことを感じさせるtotoのCMです。

Honda CM「負けるもんか(プロダクト)篇」

最近、一番心が震えたCMです。
上のtotoのCMと同じで、世の中、努力しても報われないことだらけ。

でも、それがどうした。
そこからがスタートだ。

まるで先ほどの吉田の後のストーリーのようです。

努力は決して人を裏切らない。いや、裏切られないように”負けるもんか”の精神で立ち上がろう。
その先には素晴らしい未来が待っている。そう感じさせてくれます。

 
このCMを初めて見たのは2014年、サッカーワールドカップのブラジル大会でした。
ハーフタイムのCMでこれが流れた時、感動したのを覚えています。

4年間努力をしてきたイレブンに対して、そして同じ気持ちで戦っているサポーターに対して、
「負けるもんか」

しかも、HONDAと本田も重なっていて、本当に心が震えたCMでした。

武蔵野銀行CM

世の中って上辺だけの会話がとっても多い。
みんな本音を話さずウソばっかりだ。

でも、地元ってみんな自分を出して本音の人付き合い。
やっぱり地元が好きだよねって思わせるCMです。

メガバンクでは決してできない、地方だからこそ出せる味ですよね。

東京ガスCM「チャーハン編」「お弁当編」


泣けます。涙なしでは見れません。
東京ガスさんのCMって本当に感動します。

火(ガス)の温かみを家族の温かみに置き換えて展開されています。
どの家庭にもあった日常や節目のシーンを等身大で表現しています。

見ていると世界観にじっくり入り込んでしまい、まるでドラマや映画を見ているような感覚でした。
CMを見た後は、少し人に優しくなっているかもしれません。

カロリーメイト 浪漫飛行 「新社会人へ」篇

このCMを見ると元気が出ます。やる気にさせられます。
新社会人だけじゃなく、新たな環境でもがいている人が、これを見て励まされたんじゃないでしょうか。

もしくは新しい環境を目指して頑張っている受験生なんかも同じ気持ちになったのかもしれません。
誰もが戸惑いをもってはじまる新生活。でも、一生懸命頑張るって素敵なことです。

一生懸命「浪漫飛行」を歌う満島ひかりの歌声と新入社員の映像に、今の自分の照らし合わせて見てしまいます。仕事で悩んでいた時期、これを見て助られたことを思い出しました。

人の心を震わせるCMを届けたい

まだまだ、紹介したいCMはありますが、共通するのは「人の心を震わせること」

感動したり、やる気になったり色々ですが、
突然出会ったCMを見たことで、その人の人生にちょっとばかり幸せを届けることができるかもしれません。

そんな素晴らしいサプライズプレゼントとなるCMを、僕もいつか届けたいなとあらためて思いました。
そして、夢でもなく、カンヌ広告祭の舞台にそれをもって立ちたいなってね。

 - 広告